第7回 あるくんとそば ーー小さな犬の物語

あるくんそば7-1

あるくんに声をかけると、サラリーマンのおじさんは「わたしはこういうものです」と名刺を出してきた。

あるくんそば7-2

漢字を読めないあるくんは渡された名刺になにが書いてあるのかわからない。「・・・・・イモ、、、あと、なんて書いてあるの?」と聞く。サラリーマンのおじさんは「失礼! わたしは『山いも水産 代表取締役の山田犬雄です、実は、元祖犬そばの噂を聞きつけて今日食べに伺ったんだが・・・・・・」と難しい言葉で話はじめた。

あるくんそば7-3

「いや、実にあるくんのお手てナルトが利いていますな! 若いOLや子供に人気が出ると思うんですよ。是非、我社から『元祖犬そばカップ麺』をだしませんか?」と山田犬雄さんは続けた。

あるくんそば7-4

「じゃあ、今日はご挨拶がてら。またあらためて、ビジネスの話をしに伺います」と言って、山田犬雄さんは立ち去った。 あるくんはなんの話かよくわからなかった。でも、なにか大変なことが起きていると、「おかあさーーん~~」と叫び、お母さんのもとへ急いだ。

広告

kuriguri について

池袋と渋谷を拠点に活動する 副都心線を愛するくりぐりが、 日々の情報を毎週月曜から金曜までアレコレ発信!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。